撮影について

こんな気持で撮影しています

 パパママのために、お宮参りの日の赤ちゃんの愛らしい姿をのこしたい。
 赤ちゃんが大きくなったとき、『きみはこんなに愛されて生まれてきたんだよ』と伝わる写真を残したい。

 私は家族写真は心を残すものだと思っています。
 被写体のみなさまの心と、撮り手である私の心。

 心が写っていない写真は魅力がなく見返すことがありません。
 ぱっと見がきれいよりも、心に響く写真を撮りたい。
 時が過ぎれば何度でも見たくなる、他の人にも見てもらいたくなる写真が撮りたい。

 みなさまはいつもどおりにお子様とふれあってください。
 赤ちゃんへの愛情いっぱいのご家族には、いつもの時間の中にも、特別な瞬間が必ずあります。

 その瞬間を写真に残します。
 私がみなさまにあわせます、
 みなさまのいつもの素敵な姿を撮らせて頂けるとうれしいです。