夏のお宮参りについて

 梅雨の声が聞こえ始める時期になりました。
 これからは気温がぐっと高くなります。
 この時期からのお宮参りについて、今までのお宮参り出張撮影の経験からアドバイスさせて頂きます。

夏のお宮参りの服装

 夏は暑いです。
 赤ちゃんは暑がりで暑いのが苦手です。
 そしてお祝い着は・・・想像以上に暑いのです。

 だから夏のお宮参りは、お祝い着は少しだけ、またはなくてもいいと思います。
 そのかわりといってはなんですが、涼しいベビードレス(セレモニードレス)をお勧めします。

 お祝い着だと赤ちゃんはお顔しか見えません。
 だけどベビードレスは全身を撮影してもいい感じ。^^
 お手手やあんよもかわいいのです。

 娘を育てた親としての立場でも、ベビードレスは他に着る機会もありますので、よかったかなと思います。お祝い着のレンタル料金程度で購入できますし・・・^^;

 とある神社の宮司様にお伺いしましたが、儀式としてもセレモニードレスであれば全く問題ないとのことです。
 むしろ近年の夏は暑すぎるので、大人の方もクールビズのような涼しい服装でお越しくださいとのことでした。

お参りの時間

 一番人気がある11時前後をさけましょう。
 お昼頃には猛烈な暑さです。
 大人としてはその時間が便利ですが、赤ちゃんの体調を優先すべきでしょう。

 一番早い時間、できれば9時台をお勧めします。
 午後であれば15時前後以降。

 神社はエアコンが効いている空間はないか、あってもほんの少しです。
 なにより最も日差しの強い11〜14時ごろをさけるのがよいと思います。

暑さ対策

 飲み物をご用意ください。必須です。
 それからあおぐもの、扇子が良いと思います。
 それに日傘。写真は撮りにくくなりますが、赤ちゃん優先です。

 私の撮影であれば、写真より赤ちゃんの体調を優先します。
 だけど、赤ちゃんに心配りが足りないカメラマンがいることも事実です。
 その場合はご両親が赤ちゃんのために気を配ってください。

 夏場は神社も空いているので、ご参拝はスムーズな時が多いと思います。
 このことは夏の良いところです。
 ですが人気の神社さんは夏も人が多いので、念のためにご確認ください。

 しっかり準備すれば夏のお参りも大丈夫です。
 夏も楽しいお参りを撮影させて頂いてきました。(*^^*)
 ごらんになられておられるみなさまも、素敵なお宮参りの日になりますように・・・

お宮参り 西宮市 越木岩神社
個人的には夏はドレスでの撮影が好きです。
赤ちゃんが快適でないとお父様お母様の表情も曇りがちですから。
お手手や全身がはいるのもかわいくていいでしょう?(*^^*)